・高濃度水素粉末の特徴

当サイトが1番オススメする商品は高濃度水素粉末(水素パウダー)です。
当サイトの商品には、全ての商品に高濃度水素粉末を使用しています。

その中でも純度100%の商品が、高濃度水素粉末(水素パウダー)です。

説明ページ①(水素水)はこちら
説明ページ②(水素入り化粧水)はこちら
説明ページ③(水素入りフェイスパック)はこちら

この高濃度水素粉末(水素パウダー)は水と反応すると膨大な量の水素を発生させます。
ですので、この粉末と水分が必要になります。

高濃度水素粉末は水に溶かすと水素水に、化粧水に溶かすと水素入り化粧水になります。
使い方は簡単。粉末をお好みで一振り入れるだけです。
水分に反応して、膨大な量の水素を発生させます。

酸化還元電位:-950mv → -595.9mv(8時間後の平均)
溶存水素量:1.608ppm
水素発生量:560,000ppm

という圧倒的な数値を出しています。

白色の微粉末で、わずかに味を感じます。
水に入れるとすぐに溶け、短時間で水素を発生させます。

当サイトでは、この高濃度水素粉末を、サプリメントと飴で商品化しました。
水素サプリメントは手軽に、水素飴は気軽にがコンセプトです。
どちらも、当社自信の商品です。

特に水素飴は、サプリメントに比べると製造コストが安くできる分、低価格で提供することができました。

飴一袋で600円と高額なように見えますが、これまでの水素サプリメントや水素水を見て下さい。
どれも高額な商品ばかりではないですか。水素水サーバに至っては数十万円です。
水素飴は1粒40円と体にもお財布にも優しい商品です。

現在も、様々な商品を開発中ですが、食品に水素を入れるのは困難です。
新たな商品が開発できたら、ご案内しますのでしばらくお待ちください。

また、リクエストなどございましたら遠慮なくご相談ください。
水分のあるもの、温度の高いものはダメです。乾燥してて常温のものを提案してください。
お待ちしています。


高濃度水素粉末の適正量はこちらで説明しています

高濃度水素粉末

メチレンブルー判定

ペットボトルに500mlの水道水を入れ、
100mgの高濃度水素粉末を投入しました。

10秒程度で粉末が水に完全に溶けます。
40秒経過すると水素の気泡が出始めます。
この気泡は約30分間モクモクと出続けます。

30分以降はペットボトルの内側に、
気泡として沢山くっついてます。

50mlの水道水に 100mgの高濃度水素粉末を投入。
実験容器に6ml移してから実験開始。

メチレンブルー試薬58滴(5.8ppm)を記録。
試薬の変化をリアルタイムに見る事ができます。

解放した実験容器で急激に水素が拡散する中、
5.8ppmという好結果を記録した。
※メチレンブルー判定は簡易検査となります

高濃度水素粉末の効果的な飲み方はこちらで説明しています

溶存水素量測定

酸化還元電位測定

50mlの水道水に 100mgの高濃度水素粉末を投入。
少々濃いめの水素水を作ってから実験開始。

20分で1.1ppm、25分で1.4ppm、30分で1.6ppm、
58分後に1.789ppmを記録。

2時間後1.66ppm、5時間後1.57ppm、
24時間後でも0.237ppmの数値を記録した。
42時間に0ppmとなった。

50mlの水道水に 100mgの高濃度水素粉末を投入。
少々濃いめの水素水を作ってから実験開始。

50秒でー500mv、120秒(2分後)でー550mv、
300秒(6分後)にー600mvを記録。

10分後ー754mv、30分後ー808mv(最高値)、
8時間後でもー550mvの数値をキープしている。
26時間に+となった。

実験結果の詳細はこちらで説明しています

Top Page

インフォメーション

商品検索

営業日カレンダー