・水溶性と脂溶性

物質は水溶性と脂溶性に分かれます。

抗酸化物質として有名なビタミンCは水溶性です。
よく調理中に失われると聞きます。

脂溶性物質で有名なのがβカロテンです。
人参等は油で炒めた方が良いと聞きます。

では、水素は?
水溶性でも脂溶性でもありません。どちらにも溶けます。
要するに水にも油にも溶けるのです。

体内の細胞に水素が行き届くのも、
細胞の油の膜を通り抜けることができるからなのです。

また、水素は血液脳関門でも通り抜けてしまいます。
アルコール、カフェイン、ニコチンなどは通り抜けられるようですが、
ほとんどの抗酸化物質は、血液脳関門を通り抜けることができません。

Wikipedia

私も若干感じているのですが、水素を飲むと朝が元気だという声が多いです。
寝起きが良いとかそうゆうのではなく、男性のあれです。あれ。
私の知り合いは、40〜70代の方も多く、男性だけがわかる朝の生理現象を言ってきます。

男性がそうなら、女性にも効果があるのではないか。。。

不妊治療で悩んでいる方が多いと思いますが、
水素を試してみるのもいいと思います。

副作用が無いと言われている水素なので、試してみる価値がありますよ。


高濃度水素粉末の適正量はこちらで説明しています

高濃度水素粉末

メチレンブルー判定

ペットボトルに500mlの水道水を入れ、
100mgの高濃度水素粉末を投入しました。

10秒程度で粉末が水に完全に溶けます。
40秒経過すると水素の気泡が出始めます。
この気泡は約30分間モクモクと出続けます。

30分以降はペットボトルの内側に、
気泡として沢山くっついてます。

50mlの水道水に 100mgの高濃度水素粉末を投入。
実験容器に6ml移してから実験開始。

メチレンブルー試薬58滴(5.8ppm)を記録。
試薬の変化をリアルタイムに見る事ができます。

解放した実験容器で急激に水素が拡散する中、
5.8ppmという好結果を記録した。
※メチレンブルー判定は簡易検査となります

高濃度水素粉末の効果的な飲み方はこちらで説明しています

溶存水素量測定

酸化還元電位測定

50mlの水道水に 100mgの高濃度水素粉末を投入。
少々濃いめの水素水を作ってから実験開始。

20分で1.1ppm、25分で1.4ppm、30分で1.6ppm、
58分後に1.789ppmを記録。

2時間後1.66ppm、5時間後1.57ppm、
24時間後でも0.237ppmの数値を記録した。
42時間に0ppmとなった。

50mlの水道水に 100mgの高濃度水素粉末を投入。
少々濃いめの水素水を作ってから実験開始。

50秒でー500mv、120秒(2分後)でー550mv、
300秒(6分後)にー600mvを記録。

10分後ー754mv、30分後ー808mv(最高値)、
8時間後でもー550mvの数値をキープしている。
26時間に+となった。

実験結果の詳細はこちらで説明しています

Top Page

インフォメーション

商品検索

営業日カレンダー