・兵庫県 Y様 ◎

ペットに水素をあげたいのですが、、、という問合せを受けたのが8月でした。
ペットでも大丈夫ですよとお伝えして、まずはお試しの商品をご購入いただきました。

今回、嬉しいコメントをいただきましたので、ご紹介したいと思います。

★★★ コメントここから ★★★

糖尿と腎不全の持病を持ち、しょっちゅう膀胱炎にかかる21歳の猫のために購入しました。

今夏に原因不明の発作を起こして以来、身体が不自由になり、歩けなくなって、
食事も首を支えてあげないとフードの中に顔をうずめてしまう状態だったため、
なんとか動けるようにしてやれる方法はないか、
せめて自力で上体を起こして食べられるようにできないかとあれこれネット検索した結果、
水素とケイ素が良さそうだとわかり、高濃度でコスパもいいこちらの水素粉末にたどりつきました。

ベット用のサプリメントや水素数からも探しましたが、
どれがいいのかわからず、良さそうな物はとても高額になってしまいます。

せっかく高いお金を出して購入しても嫌がって口にしなければ無駄になってしまうため、
嫌がった場合は私が利用すればいいように人間用にしました。

少量の水で溶いた水素粉末をフードに混ぜて食べさせたところ、
全く嫌がることなく、3日目くらいから毛艶が良くなり表情豊かになりました。

1週間くらい経った頃に、自力で上体を起こして食べられるようになり、
ハイハイしてあちこち動き回るようになりました。

驚いたのは、好きな時に食べられるように置いてある水とドライフード
(歩けていた頃にはたびたび足を運んでいた)
の場所までハイハイして手助けなしに食べていたことです。

掛かりつけの獣医さんからオシッコが綺麗になってると言われたので、
膀胱炎にも効果があるようです。

排便も硬かったのがスムーズになりました。

本当にこれのおかげなのか確かめたかったので、
1週間ほどストップして他社のペット用水素水に切り替えたところ、
食欲不振と膀胱炎による炎症をおこしてグッタリしてしまったため、
すぐこれに戻しました。

元通り歩けるようにとまではいかない?けれど、
食欲旺盛に元気で過ごしてくれているだけで充分です。

これからも水素粉末を続けていきたいと思っています。

★★★ コメントここまで ★★★

猫ちゃんで21歳と言ったら、人間に例えると100歳のご長寿なんですね。
当社の水素粉末で元気になっていると聞いて、スタッフ一同、本当に喜んでいます。

人間が使った上でのコメントは沢山いただいているのですが、
ペットでのコメントは非常に少なく、内容がとっても嬉しい内容でしたので、
お客様の声に掲載させていただきました。

これからもどうぞご愛用ください。

[ご注意]ペットへのご使用については獣医さんにご相談の上でご利用下さい


高濃度水素粉末の適正量はこちらで説明しています

高濃度水素粉末

メチレンブルー判定

ペットボトルに500mlの水道水を入れ、
100mgの高濃度水素粉末を投入しました。

10秒程度で粉末が水に完全に溶けます。
40秒経過すると水素の気泡が出始めます。
この気泡は約30分間モクモクと出続けます。

30分以降はペットボトルの内側に、
気泡として沢山くっついてます。

50mlの水道水に 100mgの高濃度水素粉末を投入。
実験容器に6ml移してから実験開始。

メチレンブルー試薬58滴(5.8ppm)を記録。
試薬の変化をリアルタイムに見る事ができます。

解放した実験容器で急激に水素が拡散する中、
5.8ppmという好結果を記録した。
※メチレンブルー判定は簡易検査となります

高濃度水素粉末の効果的な飲み方はこちらで説明しています

溶存水素量測定

酸化還元電位測定

50mlの水道水に 100mgの高濃度水素粉末を投入。
少々濃いめの水素水を作ってから実験開始。

20分で1.1ppm、25分で1.4ppm、30分で1.6ppm、
58分後に1.789ppmを記録。

2時間後1.66ppm、5時間後1.57ppm、
24時間後でも0.237ppmの数値を記録した。
42時間に0ppmとなった。

50mlの水道水に 100mgの高濃度水素粉末を投入。
少々濃いめの水素水を作ってから実験開始。

50秒でー500mv、120秒(2分後)でー550mv、
300秒(6分後)にー600mvを記録。

10分後ー754mv、30分後ー808mv(最高値)、
8時間後でもー550mvの数値をキープしている。
26時間に+となった。

実験結果の詳細はこちらで説明しています

Top Page

インフォメーション

商品検索

営業日カレンダー